EC-CUBEインストール手順(blockgroup)


公式にEC-CUBE利用可能レンタルサーバとされているものの中で最安値で利用できるBLOCKGROUPでのインストール手順を説明します。

※ただし前回のエントリーでも説明したように、BLOCKGROUPではSSLは利用できません。

BLOCKGROUPではEC-CUBEインストールマニュアルが用意されているので、ここを参照すればインストールは問題なく完了しますが、
手順通りに作業すると、http://ドメイン名/eccube/html/ のように利用ドメイン直下ではなく、/eccube/html/というディレクトリ配下にEC-CUBEがインストールされてしまいます。

このようなディレクトリ配下でEC-CUBEを使う人はいないと思うので、不親切なマニュアルだと思いますが…。

ということで、利用ドメイン直下にEC-CUBEをインストールするための作業を補足します。
BLOCKGROUPインストールマニュアルと違う箇所のみ記載するので、
参照しながら作業を進めて下さい。(私も不親切になってしまってすみません^^;)

ちなみにBLOCKGROUPインストールマニュアルの[5.ファイルを解凍]の後に付け加える作業があるのと、[9.EC-CUBEのインストール]でのアップロード手順が少し変わります。

尚、今回のインストール作業はEC-CUBE Version 2.0.1で作業しました。(他のバージョンでも手順は変わらないと思います)

■マニュアル[5.ファイルを解凍]の後に付け加える手順

1.define.phpのパス書き換え

\eccube\eccube-2.0.1\htmlの中のdefine.phpのパスを書き換えます。

define("HTML2DATA_DIR", "/../data/");

という箇所(3行目)を

define("HTML2DATA_DIR", "/data/");

に書き換え。

2.バグ?修正

解凍したファイルの中で

\eccube\eccube-2.0.1\\data\class_extends\page_extends\frontparts\

の中の「LC_Page_FrontParts_Bloc_Category_Ex.ph」というファイルは、「LC_Page_FrontParts_Bloc_Category_Ex.php」というのが正しいファイル名になるので、ファイル名の末尾に「p」を付け加える。
(他のバージョンをお使いの方は既に直っているかもしれません)

また、解凍したファイルの

\eccube\data\class_extends\page_extends\frontparts\bloc

の中にある「LC_Page_FrontParts_Bloc_SearchProducts_Ex.php」というファイルを

\eccube\eccube-2.0.1\\data\class_extends\page_extends\frontparts\

の中にコピーする。


■マニュアル[9.EC-CUBEのインストール]でのアップロード手順を以下に変更

ダウンロードしたEC-CUBEのファイルの中に「data」フォルダと「html」フォルダができていると思いますが、この2つを別々にアップロードします。

/public_html/htdocs/ 直下にdataフォルダを、
/public_html/htdocs/ 直下にhtmlフォルダの「中身」をアップロード(htmlフォルダごとではないことに注意)



以上を修正すればあとはBLOCKGROUPインストールマニュアルの手順通りでOKです。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。